Menu

機能性・清潔感を考えて

お店

好かれる店にするために

飲食店の制服に求められることは多々ありますが、最も重要な項目は2つです。1つめは、機能性です。たしかに制服選びの際は外部の方からどう見られるかが重要事項になってくることはたしかです。しかし、業務中に常に着用する制服だからこそ、着る側の立場を最大限考慮しなければなりません。つまり、従業員が業務中に着用していて、業務をしやすいかをまずは考えましょう。必要以上に外見にこだわることはかえって業務効率を低下させることがあります。例えば、飲食店の制服は必ずしも長袖である必要はありません。客席から食器を下げる時やテーブル拭きの時、長い袖が邪魔になります。店員が長袖のカフスをそのままに腕まくりをしている姿が見受けられる飲食店もあります。来客からすると、かえって見苦しい光景です。しかし、着用している従業員からしても、いちいちカフスを外して清掃を行い、またカフスを付け直すという作業が非常に面倒なのです。現代では、半そでだけでなく、七分袖という長さも主流になっています。業務内容を考慮し、機能性の高い制服を選択することが飲食店には求められています。2つめは、清潔感です。これは、外部の方からどう見られるかという観点の必要最低限のラインです。明るい色を基調とした制服であれば好印象になります。また、暗い色で統一することで、落ち着いた印象を出すこともできます。しかし、最も大切なことは、来客に不潔感を抱かせないことです。つまり、汚れがつきにくい生地や、汚れてもすぐにとれる生地の制服を選ぶことが重要です。清潔感とは、デザインだけでなく、飲食店ならではの汚れへの対応ができることです。

オススメ記事

男性

清潔感が大事

飲食店では店員とお客様との区別をつけるためにも、おそろいの制服を着用することがあります。飲食店だからこそ、清潔感を大事にしなくてはなりません。また、動きやすいデザインで作りやすいものにすることが多くなっています。
女の人

何がお店の顔となりうるか

職選びの条件は、個々により違いはありますが、制服に憧れてその世界へ入る人たちもいます。ファストフードを提供する飲食店ではシャツにエプロン姿が多く、和のイメージがある居酒屋では、ジンベイ型の制服を取り入れることが多いです。

メンズ

顧客からの信頼を得る

飲食店で働く場合、同じ制服で統一感を持たせた方が良いでしょう。お店のコンセプトにあった制服なら、かなり統一感を持たせることで、お客さんにとっても素晴らしいお店だと判断しますし、売り上げ増にもつながります。
お店

機能性・清潔感を考えて

飲食店の制服選びに必要なことは機能性と清潔感です。常時着用する従業員が、業務を効率的に行えるようなデザインの制服を選ぶこと、そして、飲食店ならではの汚れへの対応ができる制服を選ぶことが重要です。