Menu

何がお店の顔となりうるか

女の人

素敵な服で憧れの的になる

職を探そうと考えたとき、「こんな仕事をしてみたい。」と憧れるとき、何が決めてとなるでしょうか。もちろん時代に求められている職業、収入面での安定など、条件は個々によって異なるでしょう。でもやはり決め手となる一つには、その企業・職業の顔と言われる「制服」。よくよく観察してみると、特に飲食店の制服は、提供する食事やお店の雰囲気などをしっかりと考慮して、制服作りに取り組んでいるようです。ファストフード店は、お手軽に利用でき、店員もラフなイメージがありますが、その制服は飲食店らしくキッチリとしています。Tシャツを採用するところは少なく、襟付きのシャツを着用するところが多いようです。シャツはシンプルで、その上に着用するエプロンやタイで個性を出しているところを多く見かけます。制服を作る費用は、大体8千円前後とお手頃価格です。そして、居酒屋など和のイメージが強い飲食店では、ジンベイなど、オシャレでゆったりとした作務衣を着ています。こちらは、もともと決められたデザインであることが多く、個性を出すことが難しいのですが、襟元に柄を入れたり、上着にワンポイントを入れたりすることで、そのお店独特の制服に仕上げています。こちらも作成を手掛けてもらうと、大体5千円前後となるようです。飲食店で食事を楽しむとき、やはり清潔で素敵な服を着たウエイター・ウエイトレスさんに、給仕をしてもらいたいものです。そしてそれが憧れとなり、若者たちの職選びにも影響してくるのではないでしょうか。

オススメ記事

男性

清潔感が大事

飲食店では店員とお客様との区別をつけるためにも、おそろいの制服を着用することがあります。飲食店だからこそ、清潔感を大事にしなくてはなりません。また、動きやすいデザインで作りやすいものにすることが多くなっています。
女の人

何がお店の顔となりうるか

職選びの条件は、個々により違いはありますが、制服に憧れてその世界へ入る人たちもいます。ファストフードを提供する飲食店ではシャツにエプロン姿が多く、和のイメージがある居酒屋では、ジンベイ型の制服を取り入れることが多いです。

メンズ

顧客からの信頼を得る

飲食店で働く場合、同じ制服で統一感を持たせた方が良いでしょう。お店のコンセプトにあった制服なら、かなり統一感を持たせることで、お客さんにとっても素晴らしいお店だと判断しますし、売り上げ増にもつながります。
お店

機能性・清潔感を考えて

飲食店の制服選びに必要なことは機能性と清潔感です。常時着用する従業員が、業務を効率的に行えるようなデザインの制服を選ぶこと、そして、飲食店ならではの汚れへの対応ができる制服を選ぶことが重要です。