Menu

顧客からの信頼を得る

メンズ

売り上げアップを目指す

飲食店では、オリジナリティ豊かな制服を着用してスタッフが働いていることが多いです。私服にエプロンというお店もありますが、多くのお店では共通の制服を身に着けることで、そのお店に統一感を持たせています。なぜ、飲食店で制服を着用するのが人気なのかというと、飲食店側にも顧客側にも得られるメリットがたくさんあるからです。飲食店の従業員が同じ制服を着用していれば、互いの間に協調性が生まれ、チームプレイにいい影響を与えることができます。又、お客さんの目にも、清潔な制服で統一された従業員は信頼に値すると映ります。また、個性的な制服であれば、帰った後もお客さ人の印象に残り、また来店してもらえる可能性が高くなります。まだ制服を準備していない飲食店は、早急に作成しましょう。従業員が同じものを着ていればいいというわけではなく、制服のデザインはお店のコンセプトに沿ったものでなければなりません。例えば、和食がメインのお店であればハッピや着物のようなデザインにしたり、イタリアンがメインのお店であれば、清潔な白いエプロンにするなど、お店のイメージを大切にデザインを決定しましょう。また、こだわりすぎて動きにくいデザインになっては本末転倒なので、シンプルなデザインであることが重要です。飲食店の制服は専門の業者で作ってもらえますが、デザインについても相談できるので、図案を作ってみたものの不安だという人は、業者に相談に乗ってもらうといいでしょう。大量に作成した後では制服の切り替えは難しくなるので、作る前にデザインはきっちり決めておいて下さい。

オススメ記事

男性

清潔感が大事

飲食店では店員とお客様との区別をつけるためにも、おそろいの制服を着用することがあります。飲食店だからこそ、清潔感を大事にしなくてはなりません。また、動きやすいデザインで作りやすいものにすることが多くなっています。
女の人

何がお店の顔となりうるか

職選びの条件は、個々により違いはありますが、制服に憧れてその世界へ入る人たちもいます。ファストフードを提供する飲食店ではシャツにエプロン姿が多く、和のイメージがある居酒屋では、ジンベイ型の制服を取り入れることが多いです。

メンズ

顧客からの信頼を得る

飲食店で働く場合、同じ制服で統一感を持たせた方が良いでしょう。お店のコンセプトにあった制服なら、かなり統一感を持たせることで、お客さんにとっても素晴らしいお店だと判断しますし、売り上げ増にもつながります。
お店

機能性・清潔感を考えて

飲食店の制服選びに必要なことは機能性と清潔感です。常時着用する従業員が、業務を効率的に行えるようなデザインの制服を選ぶこと、そして、飲食店ならではの汚れへの対応ができる制服を選ぶことが重要です。